A.C.T.ブログ

引きこもりの仕組の一端を解明!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.11.23.

 

京都大医学研究科の成宮周教授と長崎大医歯薬学総合研究科の出口雄一准教授らが、群れから隔離され不安めいた行動をするようになったマウスの脳内の変化を突き止めた。

人間の引きこもりに関するメカニズムの解明につながるという。

米科学誌セル・リポーツに23日、発表する。

内閣府は、家族以外とほとんど交流を持たない15~39歳の「引きこもり」の人は、全国で54万1千人いると推計。

引きこもり生活を終えたいと思っている人の支援が課題となっている。
グループは縦30センチ、横20センチのケージで6週間、マウス1匹だけを飼育することで「社会隔離ストレス」を与え、引きこもりに似た状況を再現した。するとマウスは壁から離れないなど、不安を感じているような行動を取るようになった。
マウスの脳内を解析すると、側坐核(そくざかく)という部位の神経細胞の末端にタンパク質「mDia」が蓄積し、収縮した形に変わっていた。この時、神経細胞の末端から次の神経細胞に刺激が伝わる効率は低下しており、不安そうな行動との関連を示した。
出口准教授は「新たな抗不安薬の開発に期待できる。引きこもりから脱却する時の一助にもなるかもしれない」とする。

京都新聞 11/23(水) 14:12配信

確実に医学は進歩しているようです。より多くの人々が毎日、輝いて生きていけるようになるといいですね。

 

 

 

 

学習面・発達面・特性・個性
未来につなげる指導と支援
A.C.T. 指導教室
〒240-0001
横浜市保土ヶ谷区川辺町6-3 西方ビル新館25号室(相鉄・星川駅 歩1分)

 

 

関連記事

学習相談・体験授業
入塾までの流れ・講習費

お問い合わせ

045-744-7725
メールの方はこちらから

Special thanks

横浜市保土ヶ谷区星川の「A.C.T.進学教室」