A.C.T.ブログ

自閉症知覚体験シミュレーター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.10.26.

大阪大学と東京大学が開発中のシミュレーターで、ヘッドセットを装着することで、自閉スペクトラム症の方々に世界がどう見ているかを体験できるものが報道されていました。

5b243020a372ffdfdc5507633050e668faa674a3_l1

(1)まぶしい世界
例えば、雪山に行くと周囲が白くてまぶしい、と感じることがありますが、それと同じ状態が日常生活でも起こります。
騒々しい場所や往来の激しい場所など、周囲の環境によって視覚に変化が起こるそうです。この視覚変化が起こると、表情の判別どころか目の前にいる人が誰なのかもわからなってしまうようです。

 

(2)色のない世界
騒音や早い速度で動くものを見たときに視覚変化が起こり、色が無く白黒に見える無彩色化や、ぼやけて見える不鮮明化と呼ばれる状態になるそうです。
例えば、電車がホームに進入する場合、目の前を通り過ぎる際に、色が消え白黒の世界になります。そして、視界はぼんやりとするのです。

 

(3)ノイズのある世界
視野全体に砂嵐状のノイズが入ることがあるそうです。
この状態になる方はあまり多くないそうですが、チカチカとした砂嵐状のノイズのせいで、とても目を開けて普通に過ごせる状態ではありません。
状況や環境によって、この砂嵐が出てくるのだと思うと、積極的に外出する気にはなれないと思います。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

 

科学の発達は頼もしいものですね。

 

このような意義のある研究を目指す若い科学者が、たくさん出てきてくれるといいですね。

 

 

 

 

学習面・発達面・特性・個性
未来につなげる指導と支援
A.C.T. 指導教室
〒240-0001
横浜市保土ヶ谷区川辺町6-3 西方ビル新館25号室(相鉄・星川駅 歩1分)

 

関連記事

学習相談・体験授業
入塾までの流れ・講習費

お問い合わせ

045-744-7725
メールの方はこちらから

Special thanks

横浜市保土ヶ谷区星川の「A.C.T.進学教室」